コンドロイチンについて >コンドロイチンと関節痛

コンドロイチンと関節痛

膝の関節が痛い、肘の関節炎がある、肩がうまく回せない、座るのも辛いほどの腰痛があるなど、こうした疾患に悩む人は世界中に多く存在します。これは特別な事ではなく、高齢になれば誰もが経験することなのです。

何故なら、高齢になると骨と骨の間に存在する潤滑油であるコラーゲン、ヒアルロン酸、水分が急激に減少の一途をたどるのです。すると骨と骨がダイレクトに摩擦したり刺激しあうので、我慢しがたい痛みを発症するのです。

痛みが酷いと、外出が億劫になり家に閉じこもりがちになります。しかし人間にとって歩くことは、骨や筋肉を丈夫にし、脳にも良い刺激を与えるものです。その歩行をしなくなると人間はますます老化のスピードを速めてしまい、非常に問題なのです。

こうした場合に、コンドロイチンのサプリメントは非常に有効です。コンドロイチンはサメ、ふかひれ、鳥、スッポン、牛などの軟骨成分から抽出されたⅡ型コラーゲンによって作られています。そのためコンドロイチンのサプリメントを習慣化し、毎日摂取すれば関節痛などを緩和してくれるのです。

また関節痛の緩和だけではなく、関節のコラーゲン量を増やしてくれ、歩行が徐々に楽になっていくのです。コンドロイチンはこうした関節痛に非常に有効であるとあまりにも有名ですが、コンドロイチンは高齢者特有のあらゆる弊害、疾患にも有効に働いてくれるものなのです。高齢になると肌に水分やコラーゲンがなくなり、乾燥が促進されてしわやタルミがたくさん見られるようになります

。しかしコンドロイチンには体内の水分量をコントロールする作用があるので、肌の保水力も高め、瑞々しい肌に導いてくれるのです。また高齢になると緑内障、白内障といった目の疾患も多く見られるようになります。しかしコンドロイチンには目の透明度を維持する効果があり、こうした目の疾患の予防にも有効に働いてくれるのです。コンドロイチンはこうした効果があることから、特に高齢者に積極的に摂取してもらいたいサプリメントなのです。