コンドロイチンについて >紹介!コンドロイチンの種類

紹介!コンドロイチンの種類

最近頻繁にコンドロイチンのサプリメントのCMが流れています。コンドロイチンは、高齢者にとって救世主的なサプリメントなのです。高齢者の多くは関節痛や関節炎、腰痛を患っているものです。痛みのあまり、友人と出かけるのを控えたり、孫と外で遊ぶことを諦めている人が多いのです。

しかし関節痛のために行動が抑制されると、全く老後の生活を謳歌することができません。こうした場合にコンドロイチンのサプリメントが役立ってくれるのです。コンドロイチンは関節のコラーゲンを補ってくれ、歩行をスムーズに、また痛みを抑えてくれる効果があるのです。

このコンドロイチンは一体何でできているのか、その実態を知らない人は意外に多いものです。コンドロイチンには種類があるのです。その種類とは植物性と動物性の二種類なのです。植物性のものは納豆、おくら、山芋、なめこ、サトイモなどネバネバした野菜に含まれて居ます。

動物性は、牛、鳥、ふかひれ、サメ、すっぽんといったものに含まれているのです。コンドロイチンのサプリメントの多くは、動物性由来の軟骨成分から抽出され作られています。動物性のもののほうが、人体の吸収率が高いからなのです。市販のコンドロイチンサプリメントの多くが、牛かサメ由来のものなのです。

購入する際にどちらの製品を選べばよいのか非常に悩んでしまうものです。牛は狂牛病問題などが懸念されるので、比較的サメ由来の製品を購入する人が多い傾向にあります。しかしサメ由来のものは臭いがきついとも報告されています。毎日習慣化して飲むものなので臭いがきついと継続が難しくなります。

臭いを消しているコンドロイチンも販売されているので、そういったものを購入するのが継続する上で大事なポイントであると言えるでしょう。また製品によってはグルコサミンが配合されたものも販売されています。グルコサミンはカニの甲羅、海老の殻などを成分とし、コンドロイチンの吸収力を高める効果を持っているのです。できればグルコサミン配合の製品を購入するほうが良いと言えるでしょう。